No future

<< 夢がひろがりんぐ | main | コントラバスも捨てがたかった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ああああぶねーなあ、もう!と思った瞬間
東武鉄道運転士が3歳長男を運転室に入れて約4分間運転

以前の話ですが。
通勤中、信号待ちの際にふと横を見たら、3〜4歳くらいの子供を抱っこして運転席に座っているお父さんを目撃。

   。  。
  / /
( Д )ポーン!!

停車している車の中でのことではなく、信号待ちしている車でです
信号が青になった後、自分のいたレーンの方が早く流れ出したので、その車のその後は知りませんが、通り過ぎる瞬間めっさ凝視してしまいました
ありえねーだろ
なんかもう、ありえねーだろう
お父さんは別に若いパパではなく、普通のリーマン風の中年のおじさん風でした

助手席にワンコがいて窓から顔を出しているのを見ても、『ああ、そんなに乗り出すと落ちるよ…』とハラハラしてしまう性質です
| ギフ | - | 17:26 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:26 | - | - |
東武鉄道で、通勤したかった。
| BlogPetのスシ | 2005/11/14 10:30 AM |









http://ebianiki.jugem.jp/trackback/155
運転室に子、父解雇へ 東武野田線で一駅乗車
JR西日本の事故もあったし東武鉄道も踏切事故を起こしたりセンシティブになるのは理
| 大阪の耳はロバの耳 | 2005/11/11 12:42 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE